夏だから使いたい調味料のお酢

夏は外気と室内の気温差にやられて体の疲れがうまく取れず、夏バテになりがちです。そんな夏をうまくすごすためには、お酢を食事に取り入れるのをオススメします。

夏バテにはお酢、なぜ?

なぜ、お酢が良いのかといいますと、そもそも夏バテの原因は夏の暑さで疲れた体がだるくなると食欲が落ちます。食事をすることは人間の活動に必要なエネルギーを生成します。食欲が落ちてしまうと、エネルギーが作れず夏バテになってしまうのです。そこで、お酢に含まれている酢酸は食欲を促します。また、酢酸は体の中に取り入れるとクエン酸に変化し、このクエン酸は疲労回復の効果があります。1つの調味料が人間の体を取り戻してくれるのです。夏バテにお酢が良いというのはこのような理由からいわれています。

合わせ酢で酢の物

この季節には、食卓に酢の物が良く出てくると思いますが、この酢の物、実はなかなかに味付けが難しいのです。そのままお酢で和えているだけなのでは?と思う人がいるかもしれませんが、普通のお酢と食材をあえてもおいしくありません。ただただ、酸っぱいだけで顎が痛くなります。酢の物がおいしい理由は合わせ酢を使っているからです。合わせ酢はお酢と他の調味料、酢の物の場合は砂糖を合わせているからおいしいのです。ただ、酸味が強いお酢をちょうど良い味に調えるのは非常に難しいのです。

最近ではおいしくてそのまま使える合わせ酢が販売されています。こういった合わせ酢は使うのが非常に簡単でおいしい料理を手軽に作ることができます。忙しい方の味方になるし、合わせ酢をつくるのが苦手な方にも使っていただきたいです。

こうして簡単に酢の物を作って食べることができるのでこれからは合わせ酢を上手に使って夏バテ対策をしたいと思います。