感動的な旨味を引き出す「塩麹」

我が家で最も登場率の高い調味料は「塩麹」です。
少し前に流行りましたが、近頃はそのブームも去りあまり耳にしなくなったかなと思います。
私の料理のモットーとして、調味料は所持する数を少なく、なるべくシンプルに、としています。
そんな願いを叶えるために生まれてきたとかと思うくらい、塩麹はお手軽万能調味料なのです。
塩麹には、「食材をしっとりやわらかくしてくれる効果」「旨味をUPしてくれる効果」「少ない調味料で料理にコクを与えてくれる効果」があります。
調味料はあれこれ足して混ぜて使用するイメージが強いと思いますが、塩麹に関してはこれだけで味付けも完了です。
お肉の場合、パサつきがちな鶏のムネ肉に塩麹を塗って半日ほど置けば、驚くほど旨味と食感が変化しています。
柔らかく舌触りの良い、でももも肉よりもあっさりしていて食べやすい、いいとこ取りなお肉に激変です。
また、同じように鮭に塗って1〜3日漬け込めんだものを焼けば、市販の塩鮭よりも甘味の強い、ふっくらジューシーな焼鮭が出来上がります。
その他、豚肉に塗ってポークソテーにしても美味しいですし、野菜に漬け込めば簡単なお漬物が出来上がります。
塗って寝かせるだけなのに、旨味とコクの強い深みのある味が実現できるところに感動です。
塩麹は発酵食品のため健康にも良く、便秘解消の効果もあります。
使って損のない調味料です!